上海で再会
上海で私を待っていてくれたのは友人一家だけではありませんでした。

3つ前の記事で触れた「実は後輩だったブロガーさん」は、上海在住"Enjoy Shanghai-hai!"のpofumayさん。彼女が日本のおみやげとしてもらって嬉しかったものについて書いた記事に対して、近々上海に行く旨のコメントを残したことからメールのやり取りとなり、ひいてはお互いの素性が発覚することとなりました。
直前になってのやり取りだったため、ほんとうに会うことができるのかちょっと不安でしたが、友人宅の最寄の地下鉄駅で待っていてくれたpofumayさんは学生時代の印象と少しも変わらず、一目でわかっちゃいました(*^_^*)。

a0025439_18131953.jpg

友人宅とはかなり離れた場所にお住まいのため、その辺りはあまりよくご存知ないということでしたが、とりあえず二人でウロウロ。

どことなく欧米テイストな建物の並ぶ衡山路。冬枯れのポプラ並木は香港では絶対に目にしない光景。

シックな町並みを楽しんだ後、地下鉄で移動。 行き先は・・・





a0025439_18133372.jpg

おやつ横丁??
昭和30年代を思わせるようなこの路地の両側には串焼きとか、クシ焼きとか、くしやきとか(爆)・・・なが~い串に刺さった焼肉風のものに目を奪われていたため、他のものは認識できず・・・とにかく、「ちょっと小腹を満たす」系の食べ物屋さんがずらり。




a0025439_18134743.jpg

数ある店の中で彼女が選んだのは焼小籠包の店。

とても小さな店の前にはずらりと列ができていました。



a0025439_1814085.jpg


並びながら、焼いているところを見物。 ちょうど焼きあがったばかりのアツアツをゲット。





a0025439_18141676.jpg

香港の上海料理屋でも焼饅頭というメニューがありますが、それよりも遥かに薄い皮はまさしく小籠包。中にはお汁がたっぷり。 食べることにかけては根性の座っている私(そんなこと、いばってどうする!)はpofumayさんも驚きのなかなか上手な食べ方でほとんどスープをこぼすこともなく、平らげたのでありました。 これ、上海に行く人は是非食べるべしです。お店の場所は・・・南京東路のあたりかな??呉江路だそうです。

a0025439_18142944.jpg

下町気分を味わい、お腹の中がなんとなく暖かくなったところで、今度は上海の目抜き通り「南京西路」をブラブラお散歩。歩きながらも学生時代の同期たちの話、今現在の話・・・ひたすら会話は続きます。

このあたりは香港顔負けのブランドショップがずらり。ショッピングモールの規模も大きく、土地が広い分、香港よりゆったりとした感じです。 クリスマスのディスプレイも立派。




a0025439_18144144.jpg

今度はゆっくり座ってお茶のできるお店に入りました。 
すてきな茶器に入った中国茶。数種類の中から選ぶことができます。




a0025439_18145319.jpg
大根パイ。 中に大根のせん切りが入っています。コーンスターチっぽいさくっとした食感。

a0025439_1815654.jpg
エビのすりみのせトースト。 これ自体は美味しいと思うんだけど、上にかかったソースがなんとも形容しがたい味。甘いマヨネーズではないかという結論に達しました。

a0025439_18152491.jpg

ねぎ餅。 こちらにも同じソースが付いてきました。これもショーユがついてくれば満点だったんだろうけど。


もうなが~~~~~~~~~いこと会っていなかったのに、しかも再会の場所が上海なのに、不思議なくらい違和感はなく、話題は尽きることがなく、ほんとうに楽しい再会でした。
「先輩・後輩」としてつきあっていた頃にはあまりお互いのことを話すようなこともなく、お互いの性格や考え方などもブログを読んでみて、あらためて「へぇ~~」と思うことが多かったりもします。こうやって急転直下の再会を果たし、再びつながった縁。 これからもずっと楽しいおつきあいを続けていくことができたらと思います。
[PR]
by KURIinHK | 2005-12-15 18:23 |


<< 12月11日夕食 上海上陸 >>