作品披露!
a0025439_23313382.jpg食べ物ブログではないので(笑)、久しぶりにシルバーの作品をご披露します。
最近は石と併せたものが続いてます。

左端はシリンジタイプの銀粘土(注射器状の器具に入った粘土をコルクで作った型の上に絞り出す)で作ったもの。シリンジタイプはなかなかきれいな形になりません。 よってアップの写真は無し。楕円形の枠にメッシュにして、裏に色石(これはサンゴ。 冬になったら違う石に換えるつもり)を吊るしてあります。

四角のピアスとペンダントヘッドは赤とピンクの石をはめ込んだもの。石の回りにちょっとしたテクニックを施してあるけど、あんまり会心のできではないのでこれもアップは無し!

a0025439_23311559.jpg涙形をちょっと曲げマット仕上げにしたものに黄色の石を埋めたこのヘッドは(4つに割れたリングを除いて)今までで一番時間がかかりました。 今までの作品に使った石は銀粘土を焼く時に一緒に焼くことのできる人造石だったので粘土の状態ではめ込んでしまえたのですが、これは天然石(銀と一緒に焼くと割れる)を入れる練習として作ったので、サイズに合うように作った銀の台を焼いてから、石に合わせて削って調整しました。銀が予想よりも縮んでしまって石を入れる穴が小さくなったため、かなり削らなくてはならなくってほ~~んとに大変でした^_^;。 でも出来上がりには大満足。かなりの自信作!

a0025439_2331292.jpgこれも天然石。 こちらの留め方は比較的楽でした。
銀の部分の形がなんとなく藤井隆の髪の毛みたいで先生との間では「藤井クン」と呼んでいます(笑)。

a0025439_2332122.jpgオープンタイプのリングとパールのつけ方の練習のために作ってみました。出来上がった時は「カエルっぽい」と思ったけど、実際に着けてみると案外しっくりきます。 これもかなり気にいってます


a0025439_23315397.jpgこれは自宅で作ったもの。丸く伸ばした粘土を石を包むように曲げただけという簡単なデザインです。

a0025439_23323817.jpgあまりにシンプルすぎるので蔓模様を彫りました。 季節を選ばず使えるデザインになったと自画自賛。


昨年秋に始めたシルバークレイ。まじめに通い続け6月初旬に無事必修項目・規定時間数をクリアして「日本貴金属粘土協会」のインストラクター資格を申請するところまできました。 さすがに人に教えるにはまだまだ未熟なので、しばらくはお教室通いを続けて腕を磨いていこうと思っています。
[PR]
by KURIinHK | 2005-07-30 23:41 | 趣味


<< ビーズでも作ってみました 豪華!! >>