人気ブログランキング |
The Da Vinci Code
a0025439_19375843.jpg遅ればせながら「ダ・ヴィンチ・コード」読み終わりました。
「ベストセラー」とか「ブーム」と言われるものに拒否反応を示すヒネクレ者・・・でも最終的にはしっかり抑えてたりする私です。
(「セカチュー」然り、「イマアイ」然り・・・。 でもまだ「冬ソナ」は見てないもんねぇ~~!)

この本に関しては宗教・歴史・芸術・・・多方面から文句が出るだろうことは想像に難くないけれど、知的好奇心を思いっきり刺激される物語でした。読者に予備知識・・・それもかなり広範囲の・・・を要求する、とっても贅沢な作品だと思います。 
でも単純明解な頭脳の私は最後の5文字の暗号、すぐわかったけど

ただ、背景となるキリスト教に関して日本人がそれほどの知識を持っているとは思えないこともあって、この本が日本でもヒットしたというのはちょっと意外な感じがしました。 まあ平たく言えば「キリスト教の一大事」ってことさえ抑えられればいいんだから問題ないのかな? 
それにしても途中で言葉(英語の単語や地名)の語源が出てきたり、「○○という単語は区切り方を変えると実は××という意味になる」といった説明があったり、日本語に訳したらちょっとわかりにくいのではとも思うのですが。

この本、トム・ハンクス主演で映画化が決まっているのだそうですが、chick_peaさん同様私もトム・ハンクスよりハリソン・フォードをイメージ(それも「パトリオット・ゲーム」や「今そこにある危機」のDr.ライアン)しつつ読んでいました。

ベストセラー+トム・ハンクス・・・コロンビア・ピクチャーさん、ちょっとあざといんちゃいますか??



一歩先に読み終えたaradasさんはハリポタ(HARRY POTTER and the Order of the Phoenix)には手をつけたでしょうか・・・
by KURIinHK | 2005-06-13 19:42 | 音楽・本・映画


<< 本屋でお買い物 やっぱり粽 >>