<   2004年 07月 ( 119 )   > この月の画像一覧
もうすぐです!
アトランタのaradasさんはキリ番ニアピンの女王の誉れが高く、今日、ご自身の12345ヒットの記録も残念ながら就寝中に達成されてしまったようで、キリ番はことごとくかすって通っていらっしゃるようです。

さて私も1000コメントに続き、まもなく訪問者数10000を迎えようとしています。
日本時間7月31日午後10時45分の記録はご覧の通り。
a0025439_23121726.jpg
前週実績から考えると8月3日火曜の午前あたりが有力かと思います(火曜の午前は広東語教室なのでちょっと不安)。

実際にキリ番を踏んだ方というのはこちらでは認識することはできないのですが、今日のバンクーバーのyukunさん方式に則り、私が10000ヒットを確認した後、一番初めにコメントを下さった方をキリ番ゲッターとさせていただきます。

午前中は北米組がとても有利な時間帯。 さてaradasさんのニアピンはまだ続くのでしょうか(笑)。
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-31 23:11 | Comments(6)
ジワジワ効きます
ただいま両腕筋肉痛です。
7月の初めから週に1回ピラティスに通っています。 ピラティスというのは100年近く前にドイツで考案されてリハビリ等に使われていて、その後ダンスカンパニーが取り入れたり、マドンナやハリウッドのセレブがやっているということで注目を集めるようなったエクササイズ。日経ネット・健康アカデミーをみていただくとどんなものかわかるかな? 
日頃、元気が取り柄といわれる私ですが、実はあまり姿勢がよくなくて、そのせいか冬になると気分が悪くなるほどの肩こりで、毎年数回整体マッサージにお世話になっていました。そんなわけで、「身体の歪みを整えるエクササイズ」というこのピラティスは是非とも挑戦したいと思っていたところ(実は日本で本を買ってもってきた)、香港日本人倶楽部で「初めてのピラティス」というクラスが始まるということで、この7月から通っています。
激しい動きはないけれど、身体の中心部の筋肉を鍛えるエクササイズで、じんわりと効いてくる感じです。
というわけで、今日は筋肉痛!!!
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-31 15:59 | 美容?? | Comments(5)
お気に入りです
a0025439_1571369.jpg
今日のお昼ごはんは銅鑼湾のタイムズスクエアに買い物にいったついでにその近くのベトナム料理屋さんで食べました。

ベトナム料理を初めて食べたのはSan Diegoにいた時のこと。 San Diegoにはベトナム・カンボジア・ラオスなどから移り住んだ人が多く、私が住んでいたところから一番近いESL(English as Second Language)のクラスも、アジア系コミュニティの中にあったため、当時はESLの授業の後は友達とベトナムレストランでフォーを食べるか、ベトナム系スーパーで肉まん・・・ゆで卵が入っていてすごくおいしい・・・を買って帰ることがしょっちゅうでした。

a0025439_15203318.jpgこの前別の店で食べた汁なしのビーフンがおいしかったので、今日もそのタイプに挑戦。前の店は机に置いてあるソースをかけて食べたけれど、今日の店はちゃんとソースのかかっているものが来ました。これもトッピングの牛肉の味付けも麺にからめてあるソースも美味しくて○でした。 生春巻きはちゃんとミントの葉も入っていてこちらもOK。 
写真だけは「アトピン」になってしまってバツ(涙)
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-31 15:26 | 食! | Comments(12)
湾仔 2
湾仔を歩いていたら、建物の合間に唐突にこんな廟が建っていました。 周囲にこれといった庭や囲いもなく、しかもここは信号のまん前! それくらいごく普通の生活の中の一シーンなのかもしれません。

この渦巻き、なんだかわかりますか?
a0025439_11103887.jpga0025439_11105353.jpg
お線香です! 一番小さいものが3日用だと書いてありました。一番大きいものだと1週間くらいだと思います。
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-31 11:21 | 香港探検隊 | Comments(6)
湾仔(ワンチャイ)
a0025439_23375218.jpga0025439_2338896.jpg












時間が前後しちゃいましたが、今日の午後は我が家から地下鉄で数分の湾仔というところに行きました。ここは海側に行くと香港の中国返還の記念式典が行われたコンベンションセンターをはじめ、大きな建物が立ち並んでいるのですが、バス通りをはさんで反対側は一転して庶民的な町並みになっています。果物や野菜ばかりでなく、子供服やちょっとした雑貨の屋台がひしめきあっている路地や、何か懐かしい感じのする雑貨屋を見かけました。
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-30 23:44 | 香港探検隊 | Comments(10)
ちょっと贅沢!
a0025439_21453552.jpga0025439_21401231.jpg












いつもは早くても8時頃でなければ帰ってこないダンナさんが今日は6時半に帰ってきてしまった。事務所のカーペットのクリーニングの為に追い出されてきたらしい。まだゴハンすら炊いていなかったので、急遽外食に。何を思ったかお寿司を食べに行こうというので、我が家の近くに数軒あるローカルっぽい寿司屋の一軒に行ってみました。 
魚そのものはおいしかったです。店の雰囲気もOK。 がしかし…。
まず醤油。 なぜかダシで割った醤油がおいてありました。 それも「ほんだし」の類のインスタントだしの味がします。これでお刺身の味が台無し!(涙) それからお茶。 サービスが良すぎて、ちょっと減るとそれに注ぎ足してくれるので、常にぬるいお茶を飲むことになってしまいます。 そして…たか~い!!
多分もう二度と行かないでしょう・・・(涙)
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-30 21:43 | 食! | Comments(14)
えっ、そうなの??
こんな記事を見つけました。

「げきを飛ばす」「姑息(こそく)」「ぶぜん」について、70%前後の人が本来の意味とは異なる意味で理解していることが29日、文化庁の日本語に関する世論調査で分かった。本来の表現ではない「的を得る」「押しも押されぬ」を誤って使っている人も半数を超え、慣用句などの誤用が広がっている。
 既に一部の辞書は、本来とは違う意味も掲載しており、文化庁は「違う意味や表現が定着しつつあるのかどうか注目したい」としている。
 調査は1-2月に16歳以上の男女計3000人を対象に実施、74%が回答した。
 語句の意味の理解では、「げきを飛ばす」について、本来の「自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求めること」とした人は15%にとどまり、「元気のない者に刺激を与えて活気付けること」が74%に達した。
 「姑息」を本来の意味の「一時しのぎ」と答えたのは13%。70%が「ひきょうな」を選んだ。
 「ぶぜん」も「腹を立てている様子」が69%に達し「失望してぼんやりとしている様子」という正答は16%。
(共同通信 29/07/2004)

恥ずかしながら、すべて誤答の方の意味が正しいと信じて使っておりました^_^;。
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-29 20:07 | Comments(15)
投げ売り??
a0025439_1935486.jpg7月の初めにちらりと書いたのですが、香港では7月はセールのシーズンです。7月も終わりになると、セールはもう終わりになるか、更に値引き率が大きくなるかとなってきます。
写真の「2折」、2割引きではありません。 日本語で言うところの「2掛け」。 つまり80%OFF!!

追記: なんかこの写真、よく見るとちょっとコワイ…。 この髪の毛を振り乱したオネエサンは、ショーウィンドウに張られているフィルムです。 ご心配なく(^.^)
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-29 19:38 | 香港探検隊 | Comments(4)
微妙に…
a0025439_18475662.jpg今日も広東語のクラスの後、いつもの3人組でランチです。 雨が降っていたのでなるべく近くにしようと、以前行ったベトナム料理屋と同じビルのフレンチレストランに行きました。このビルはお手頃価格の各国料理店がいろいろ入っているようなので、今後も切り札として使えそうです。
今日のお店のランチセットは10種類くらい。 スープ、メイン、コーヒーまたは紅茶で450円~500円程度。今日私が選んだものは"Baked Jumbo & Sausage with Fried Rice"。 英語を見てもどうもイメージがつかめません。 広東語を見ると「法国」(フランス)と「芝士」)(チーズ)、そして「火局」(文字がなかった! これで一文字です)の文字。この文字はどうもオーブン焼きに使われていることが多いらしいことは経験則として知っているので、これはどうもハム(たしかフランス語でハムをジャンボンと呼んだはず)とソーセージがピラフの上にのっていてグラタンのようになっている、言ってみればソーセージドリアに違いないということでこれに決めました。 ちなみに、他にはサーモンのグリルやアサリのパスタ、魚のフライ、ミニステーキ(?)などがあるようです。
さて、やってきたのは写真の料理。 想像通りドリアのようなものでした。でもフレンチというよりはヌーベル・シノワーズ…、ぶっちゃけ中華やん!! 下のゴハンは間違いなく普通のチャーハン。上にのっている千切り野菜は人参、しいたけ、そして花ニラ。ハムもソーセージもアジアらしい味わい(他に表現のしようがありません。適当に想像してくださいね)。それをコーンスターチでとろみをつけたようなクリームソースであえ、チャーハンにのせてオーブンで焼いてあるのです。 この味の表現が難しいなあ…と考えていたら、一緒にいた友人が一言「機内食にこんなごはんあるよね」。 そう、まさしく機内食の味なのでした。

これで「フレンチ」ってひどいなあ…と一瞬思ったけど、日本でも明太スパとかしょうゆ味のスパゲティを「イタリアン○○」なんていう名前の店で当たり前に出しているように、料理というのはその国の食文化を取り込んで姿を変えていくものなのでしょう。
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-29 19:25 | 食! | Comments(2)
今日の天気
今、外はかなりの雨。イエローレイン(ふってきました!!参照)と雷暴警報が出ています。

ネットで見てみたら、現在の湿度は97%!! そこでちょっと考えました。 湿度が100%になることってあるのかしら? あるとしたら、どういう状態になるの??
気象関係に詳しい方がいたら是非教えてください!! m(._.)m オジギ

さて湿度100%で更に思い出したことがありました。 それはニューデリーの気温のこと。
ニューデリーの5~6月はとにかく暑く、45度を超えることもしばしば。 熱射病・熱中症で死亡者がバタバタでるような過酷な暑さの日でも気象台の発表はせいぜい49.8度どまり。 これについて、よく囁かれるのは「50度という発表は絶対しない」。 なぜかというとWHOの規定で50度を超えたらすべての企業・団体・商店等は事務所をクローズして従業員を家に帰らせなければならないから。 暑さごときで仕事を休ませてなるものかという企業の思惑に、気象台が迎合しているという噂です。

ちなみに我が家ではある暑い午後、家の中にあった50度まで計れる寒暖計が割れました! (゚ o゚;)
[PR]
by KURIinHK | 2004-07-29 10:43 | インド | Comments(12)