遠足(4) ご飯の時間
a0025439_22163283.jpgいよいよ海鮮三昧の時がやってきました。「すごい量」と言われる前に一言。 大人10人+子供6人分ですのでお間違えなく!

まずは定番白灼蝦。シンプルな蒸し海老です。でもさっきまでピョンピョン跳ねていた海老の身は甘くてプリプリなのでした。


a0025439_22164390.jpg

続いて蟹の身と卵白の炒め物。 あっさりふんわりでやさしい味です。

a0025439_2217145.jpg

ジャ~ン!! 龍蝦伊麺。 ロブスター焼きそばです。 いやあ、ロブスターってほ~んとに美味しいです。シコシコのプリンプリンだよ~~♪

写真の手前に写っているレモンの浮かんだ茶色い液体は実はお茶。 でも飲むのではなくフィンガーボールです。 指についた海老や蟹の匂いが取れるんだそうです。


a0025439_22171068.jpg
大アワビ・・・じゃなくって5cmくらいのトコブシです。 しょうがとネギをのせて蒸したものに中華ショーユがかかっているもの(多分)。 日本ではこんな食べ方しませんよね。 これもいい歯応えなんだなあ


a0025439_22172458.jpg

蟹とネギ・生姜の炒め物。見た目どおりの味がします。このあたりになるとだいぶお腹も膨れてきて、贅沢にも細い足は面倒なので無視!(バチ当りな・・・)

a0025439_22175984.jpg

魚の蒸し物。魚はハタだと思います。これも定番中の定番。白いご飯に魚の身と生姜・ネギ、そしてこのタレをかけて食べるとご飯が止まらないのです!


a0025439_22185058.jpg

↓のあの大シャコ。 ニンニク・唐辛子と一緒に揚げるのが一般的ですが、この店はチリパウダーのようなものをまぶして揚げてあるようでした。 ピリ辛でこの食べ方もなかなかいけます。

a0025439_22191676.jpg

イカのリング揚げ。これはビールのおつまみに最適。子供たちも好きな味で、群がって食べていました。

a0025439_22194894.jpg野菜炒め。日本のように、メインの横に野菜が添えられているような料理は少ないので、野菜は一品料理として別に注文します。

これに子供たち用に頼んだヤキソバと炒飯、ビール(かなりたくさん)で計25000円弱。 大人の頭割りにして一人2500円!!! 安い!

このあたりは有名なデザート屋さんもあるし、自然にも囲まれた町で、いろいろ楽しめるということで他の家族は食事の後も残って遠足の続きをしました。 私は家人が出張帰りに合流で大荷物を引きずっていたため、ここで皆と別れて帰宅いたしました。

そのうちまた西貢には遠足に行けたらいいなあと思います。


ただ今感謝祭開催中プレゼントのご応募はこちら
[PR]
by KURIinHK | 2005-07-07 22:29 | 食!


<< マンダリン・オリエンタル 遠足(3) >>