これはドーサ!
家人不在時はランチをガッツリ食べて夕食はDVDでも見ながら適当にすませるという方針。

本日のランチは銅鑼湾のタイムズスクエア内シティスーパーのフードコート。ここはフードコートと言ってもインターナショナル。餃子の「大阪王将」(「餃子の王将」とは別モノらしい)、韓国料理、タイ料理・・・。そしてインド料理。

a0025439_1933566.jpgインド料理はもう一生分食べたからと覗いてみたこともなかったのですが、今日ふと視界に入ったものは・・・ドーサ(dosa)。 日本ではあまり馴染みのない南インド独特の食べ物です。お米の粉で作ったペーストを一晩寝かせて発酵させた生地をクレープ状に焼いたもの。直径4~50cmという大きさですがとても薄いのでペロリと食べられます。 インドにはま~ったく未練はないのですが、ドーサが食べられないのだけはちょっと悲しいと常日頃から思っているほどドーサが好きだった私。これは嬉しい発見!! 

この店ではチキン・ポーク・ベジから選べます。でもドーサ(というか南インド料理)はあまり肉は使わないもの。ここは正統派でベジにしました。

a0025439_1935452.jpg中身は薄くカレー味のついたポテト。一般に「マサラ・ドーサ」と呼ばれるものです。ドーサはカリカリに焼けてます。 う~ん、久しぶり~~!


a0025439_194983.jpgこのドーサにつけるのはココナッツチャツネ。 ココナッツだから甘いかというと、とんでもない!! インドで食べたものはマスタードシードやクミンが入っていましたが、ここのはグリーンチリが入っているのでは。かなりの辛さです。でもドーサの中のお芋が薄味なのでこの辛さがなかなかヨイです。

a0025439_1942548.jpgもう一つ、ソース代わりについてきたのは野菜のカレー。普通サンバルというもっとサラリとしたカレーソースをつけて食べるのですが、ここのはもうちょっととろみのある北インドのサブジ(野菜のカレー)のようなものが添えられていました。

このお店、他にもアルー・パラータ(ゆでたジャガイモをつぶして味つけしたものをパラータというパンで挟んだもの。これは北インド風)もありました。アルー・パラータは我が家の初代のメイドちゃんが何度かお昼ごはんに作ってくれたことがあって・・・彼女のパラータはとっても美味しかった!・・・これもまたとても懐かしい料理(というか、スナック)。 次はこれに決まり!
[PR]
by KURIinHK | 2005-05-29 19:18 | 食!


<< ヴィトンは大物!? JUSCOのフードコート >>