豪華フレンチ@Pierre
香港入り翌日、いつものメンバーでランチ。今回はクリスマスシーズンでもあり、ちょっと奮発してマンダリン・オリエンタルホテル最上階のフレンチレストラン“ピエール”(ピエール・ガニエール)へ。

a0025439_11333271.jpg
アミューズ。スプーンに載っている赤いのは多分フォアグラのムース。回りの赤いのは岩塩かな。手前左はちょっと酸味のあるゼリー状の物。真ん中のソースみたいなのはバルサミコかな。右はバターの効いたサブレ。アミューズからいきなり驚きの連発。

a0025439_1134168.jpg
友人①チョイスのフォアグラのスープ。しっかりフォアグラの味はするけれど、意外なほどあっさり。ニョッキが入っています。

a0025439_11342676.jpg
私チョイスのスモークサーモンの前菜。

a0025439_1137889.jpg
ほぐしたタラのサラダの上にスモークサーモン、イクラ、ピーマン、クルトン、ディル、そしてピーマンのソルベ。

a0025439_11375673.jpg
さらにはフワフワのタラのムースを添えて。

a0025439_1139446.jpg
友達②チョイスのアルザス風プレスコット(お肉のゼリー寄せみたいな…)。しっかり下調べをしてきた彼女によると、ピエールはアルザス地方出身なので、アルザス名物のこのお料理には力を入れているだろうということでの選択です。

a0025439_11392732.jpg
私のメインはラム。ホロホロにほぐれるくらい柔かく煮込んであるこのお料理ですが、スパイスがオリエンタル(八角かも)で、とても個性的。ラムの臭みは一切なく、とても美味しかったです。

a0025439_11394467.jpg
しかも、オマケでラック・オブ・ラムもついてます。こちらは臭みはないけれど、「ラム食ったどぉ~~!」って感じのラム料理。添えられている野菜が、ふきのとうみたいな苦味があって、かなり不思議。

a0025439_1140647.jpg
友達①チョイスは「本日の魚のグリル」。甘鯛と・・・スズキかな?あと何だっけ?? とにかく、「魚のグリル」っていったら一種類と思うのに、なんと三切れがそれぞれ違う魚です。こちらにはサイドとして別皿(小鉢みたいなお皿!)でフェンネルバルブのサラダが添えられていました。

a0025439_11411232.jpg
友達②チョイスのロブスター。フルーツを使って仕上げてあるので爽やか&エスニックな味です。

a0025439_1141430.jpg
サイドはロブスターとアボカドのサラダ。

a0025439_11415647.jpg
私のデザートはヘーゼルナッツのアイスムース。ムースはこってりだけれど添えられたフルーツソースの酸味で、後味はスッキリ。

a0025439_11421450.jpg
友達①のデザートは洋ナシのコンポート。チョコソースはシナモンが効いていて美味。

a0025439_11423573.jpg
友達②はコーヒー味のパンナコッタ。コーヒーゼリーのキューブやソルベ(何味だったか聞くの忘れちゃった…)も添えられていて楽しそう。

あっ、写真を撮り忘れたけど、このお店はパンも絶品でした。

どのお料理も、いくつもの表情を持っていて、途中からは3人で「哲学だねぇ」が合言葉(笑)。

a0025439_11425998.jpg
最後のコーヒーに添えられた生チョコとギモーブ。最後の最後まで幸せなお味でした。

a0025439_11431876.jpg
窓の外にはビクトリア湾。スタチュースクエア(現在ティファニーのツリーがある所)に面した窓もあって、そちらの窓から写真を撮りたかったんだけど、窓の前のテーブルでは欧米人7~8人のグループがワインを飲みながらの優雅なランチを延々とお楽しみ中で、撮影ならず。残念!
[PR]
by KURIinHK | 2012-12-18 11:44 | 食! | Comments(0)


<< 飲茶@金葉庭 ランドマークのクリスマス >>