美食坊
a0025439_18543741.jpga0025439_18545272.jpg
昨夜は香港人2人・韓国人1人・日本人2人という顔ぶれで『黃埔花園(ワンポアガーデン)』という大マンションに夕食に行きました。この黃埔花園、香港島のセントラルからはホンハム行きスターフェリーに乗って、チムサーチョイ(九龍側の繁華街)からはミニバスに乗って行くことができるのですが、香港としてはそれほど背の高くないマンションが何十棟か集まり、敷地内には巨大なJUSCO(船型をしていて、すご~く目立つ!)を初め、たくさんの店舗・レストランがあり、ここの中だけで充分暮らしていける一つの町になっています。日本人学校に便利だということもあって、日本人もたくさん住んでいるのだそうです。

a0025439_1855811.jpg黃埔花園には日本からのパッケージツアーに組み込まれるくらいの人気グルメビル「蔡瀾美食坊」があります。このビルは「料理の鉄人」にゲスト出演したり香港のレストランガイドを出したりして日本でも有名な蔡瀾氏のプロデュースしたものです。
私たちが行ったのは「詠藜園」という坦々麺の有名店でした

a0025439_18553121.jpg坦々麺は3段階の辛さが選べます。何事も経験!一番辛い物を頼みました。
もちろん辛かったのですが、辛さに負けないゴマの風味やザーサイ(多分)の酸味、肉デンブ(挽肉のようなものではなく、干した肉をほぐした・・・のかなあ・・・フワフワしたもの)の食感などがとてもバランス良く、「な~るほど!」というお味でした。

a0025439_18554922.jpg蒸し鶏の紹興酒漬け(多分・・・多分ばかりでごめんなさい。何度もこの店に来たことのある日本人と香港人の友人が注文を決めてくれたので、ちゃんとした料理名は不明です)。見た目は皮と脂肪が多くてちょっと苦手っぽい感じだったのですが、食べてみると脂っこさはなく美味でした。ただ中華料理の鶏ってだいたい骨付きで、食べにくいのが難点です・・・^_^;

a0025439_18561289.jpg





これもこの店の名物なのだそうです。 超薄切りの茹で豚。タレが絶妙です。
a0025439_18562380.jpg




水餃子。ラー油っぽいタレがかかっていました。中味は豚。ノド越しのいい薄い皮に包まれています。
a0025439_18563817.jpg





エビ炒め。卵白と片栗粉をまぶして炒めたと思われるエビは外側はつるん、中味はプルプル。黒酢が添えられてきましたが、ほんのりとした塩加減がいいのでそのままで充分おいしかったです。

写真はありませんが他に青菜炒めも注文。これもおいしかったです。

これだけ食べて一人1200円弱。 人気なのもうなづけます。 
[PR]
by KURIinHK | 2005-01-28 19:07 | 食!


<< クラスメートと共に もう~い~くつねると~♪ >>