郊外で飲茶
香港人の知人夫妻と朝7時出発で郊外の飲茶屋へ。
知人の車で行ったので香港島の中心地からは40分程度。公共交通で行くなら地下鉄とミニバスを乗り継いで・・・かなりたいへん。そんなマニアックとも言える飲茶屋さん、それは・・・

a0025439_23365431.jpg

2年くらい前に「鉄腕DASH」に登場したり、日本のガイドブックにもチラチラと掲載されている川龍村の「端記茶楼」。はっきり言って、ほんとに辺鄙。

a0025439_23371967.jpg

しかもこんな感じの店です。

a0025439_23374533.jpg

ここは「鳥」でも有名。香港では自慢の鳥を籠に入れておじさんたちが集う光景が時々見かけられます(限られた場所だけですが)。ここは鳥かごが並ぶ「VIPルーム」。

ここでの基本はセルフサービス。自分たちで食器を取り、茶葉をポットに入れ、お湯を入れ・・・、

a0025439_23381182.jpg

こんな風に重ねられた蒸籠や

a0025439_23383587.jpg

揚げ物ケースから、欲しい物を取っていきます。

a0025439_23385731.jpg

湯葉巻き、肉団子、鶏の足、全部入り肉まん。
湯葉巻は、湯葉ときぬがさ茸で鶏肉と腸詰を巻いたもの。

a0025439_23401092.jpg

全部入り肉まん(大包)は鶏肉、豚肉、うずらの卵、きくらげなど、ほんとにいろいろな具材が入っています。

a0025439_23403780.jpg

うずらの卵入りシュウマイ、内臓系の煮込み、クワイや銀杏・ピーナッツなどの入った野菜餃子、黒砂糖入りのおもち。
野菜餃子、いろいろな食感がうまく混ざっていて絶品。

a0025439_23414686.jpg

揚げたてのお豆腐。サクサクで厚揚げとはまったく別物。

a0025439_23421066.jpg

豆腐花。豆腐に甘いシロップをかけたスウィーツです。揚げ豆腐もだけど、ここのお豆腐は山の湧水を使って作っているということで、とにかく美味しいです。

値段は蒸籠は一律。回転すしみたいに、最後にお店の人が蒸籠とお皿の数を数えてお会計をします。お値段、驚くほど安いです。

食後は店の周囲をちょっと探検。

a0025439_23443422.jpg

香港というよりは、ちょっとインドネシアあたりみたいな景色。

a0025439_23461753.jpg

たわわに実ったパパイヤ発見!

a0025439_2347121.jpg

こちらはクレソン畑。お水はきれいだし、無農薬だし、絶対美味しいだろうなあ。
a0025439_23473332.jpg

キューリの一種。日本のキューリより一回り大きくてごつごつした感じ。味は不明。
a0025439_2347568.jpg

道端で漢方茶やドライフルーツなどを売っていたり
a0025439_23482157.jpg

駐車場でも地元でとれた野菜を売っていたり。
a0025439_23483882.jpg

村の家並み。香港の高層住宅群から、車でほんの数分山に入っただけなのに、まったくの異空間。
[PR]
by kuriinhk | 2011-05-02 23:46 | 食! | Comments(2)
Commented by Kunu at 2011-05-04 01:03 x
牛が放されていたり、畑が広がっていたり・・香港にも色々な顔があるんですね。ますます行ってみたくなりました(^_^)
Commented by kuriinhk at 2011-05-04 19:15
Kunuさん:実は歩きながらKunuさんもハイキング好きだったなあ・・・と考えてました。日本に帰ったらハイキング愛好会でも作りましょう!


<< 城門貯水池 広東料理@蛇口 >>