広東料理@蛇口
さて、中国への入国を果たし、向かったのはフェリーターミナルのすぐ隣にある南洋ホテル。こちらの広東料理店で、深圳に着任間もない日本人ご一家と夕食をご一緒しました。
a0025439_17525030.jpg

叉焼。甘味と醤油の味のバランスがいいよねぇ。肉の下にはクラゲの和え物が隠れていました。

a0025439_17532312.jpg

厚揚げの煮込み。五香粉の香りがきいているけれど、日本人にはなじみやすい味。

a0025439_17534451.jpg

きくらげの炒め物。香菜がたっぷり。日本ではキクラゲばかりでこれだけたっぷりというお料理はないよね。食感がよくて、お箸が止まらない一品です。

a0025439_17541086.jpg

ちょっと遠かったのでぼけてしまいました(涙)。本日のメイン・イベント!! 北京ダ~~~~ック!! 
香港で食べる北京ダックは日本で食べるものに比べると肉がしっかりついているのですが、こちらでは日本同様皮だけを、甘味噌、キューリやねぎのせん切りとともに春餅で巻いていただきます。肉がついていないと何枚も食べられるからいいよね。
a0025439_17543022.jpg

皮を食べた後のダックはミンチ状にして炒め、揚げ春雨とともにレタスでくるんで食べます。これも美味です。

a0025439_17545483.jpg

あっさり箸休め的な白菜のスープ煮。かなり薄めの優しい味。

a0025439_17552269.jpg

揚げ魚の甘酢あんかけ。ちょっと酢豚みたいな味付けです。

a0025439_17554590.jpg

蟹の甲羅揚げ。ちょっとグラタンみたいな洋風の味。蟹肉がたっぷり入ってます。何かバニラっぽい香料が入っているのが気になったけど、味はよかったです。

これにチャーハンもあったけど、お腹いっぱいでそちらはパス。

どのお料理も、日本人にはなじみやすい、ちょっと懐かしいような味でした。しかも・・・多分中国本土の値段としてはかなり高級なんでしょうが、日本人の感覚では・・・かなり安い!!
[PR]
by kuriinhk | 2011-05-01 17:57 | 食!


<< 郊外で飲茶 パスポートを持っておでかけ >>