飲茶@太古城
以前の「飲茶天国」時代にブログを通じて親しくなった香港在住のご夫妻。
その奥様(と、当時はまだいなかったお子さん)と、太古城の「鍾菜」で飲茶。

彼女:まさか、またお迎えするとは・・・
私: まさか、まだいるとは・・・

a0025439_17522294.jpg

焼き饅頭。ふ・・・普通。中身は日本の餃子の具と似てます。

a0025439_1752585.jpg

咸水角。あっつあつ。具がちょっと少ないかな。

a0025439_17532570.jpg

春巻き。 ここのはちょっと変わっていて、中はエビとチーズ。
違和感はない・・・というか、けっこうアリな組み合わせです。
しかも皮が揚げ雲呑みたいにパリッパリ。

a0025439_17541494.jpg

大根餅。日本ではこんな風に切って、上にガーリックチップを散らすような供し方はしないでしょうね。しっかり味がついているので、醤油や辛子は必要ありません。

a0025439_17544277.jpg

カスタード饅。 皮がチョコレート入りでシマシマなのがとってもかわいいです。カスタードも中華風の黄身が多い濃厚な味というより洋風の馴染みのある味。これは日本の女子にうける味かも。

お値段もお手頃だし、香港の水準でいったら「普通に美味しい」程度とはいえ、日本で食べる飲茶と比べたらかなり美味しいと思います。(っていうか、日本で満足のいく飲茶に出会ったことがないし)
ネットで調べたら、この店「稲香グループ」なのかぁ。なかなか小ぎれいで、使えそうなお店でした。


太古はJUSCOやAPITA(UNY)もあり、日本人がたくさん住んでいるせいか、「住宅地」というイメージがあったのですが、ランチタイムには見るからに会社員という人がたくさんいて、ちょっと意外な感じがしました。
[PR]
by kuriinhk | 2011-04-19 17:58 | 食!


<< レゴで世界旅行 セントラルでウロウロ >>